RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
雨と鳥と屋根
目覚めると雨音
そして蛙の鳴き声
もりくらで迎えた土曜日の朝。 もりくらでは雨もいい。 アタマがすっきりする。 しんきちさん、よろちゃんと3人で火を囲み、
静寂を楽しんでいると、雨音の向こうから車の音。 赤、黄、黒のカヤックを3艘も載せたかねさんの車。 そしてもりくら初めてのすーさんと、古田さんが到着。 6人と朝重さんで囲む焚き火。 雨音、焚き火の音、動物の鳴き声、感覚を取り戻す大事な時間。


そんな感じでもりくらでの1日が始まりました。
今回のblog担当 くぼっちです。 今回の作業は屋根の修繕。
頭と身体をリセットしてくれた雨が屋根での作業をできなくしました。



作業がはかどらないけど次々回で必要になる鱗つくりを
薪ストーブに火を入れながらやりました。 作業が終わり三棟に戻るときに地面で必死で鳴いてる鳥の雛を発見。




巣から落ちたのか、 ほんとは手を出したらダメなんだけど、
手の中にすっぽりおさまって安心してる。 朝重さんに相談し巣の辺りに戻すことに。

少しだけ飛べそうだったから、親鳥が見つけてくれれば巣に帰れるんだけど…。 小さな自然を体験しました。 夜は相変わらず楽しく飲み食い。アサリの鍋は旨かった。
水を入れずに日本酒。 凝縮されて旨かった〜。 そして酔っ払って木になるハウスで就寝。

2日目は1日目と違い、



木漏れ日と鳥の鳴き声で目覚め、私はひとりで川と4boxの方まで散歩へ。








所々に花が咲いて1ヶ月と違った世界。 一時間くらい歩いて三棟に戻ると、すーさんがトースト担当に。

炭をいじり、網の高さを調整して、パンがコンガリ焼き上がりました。




 後片付けして、早速作業へ 二日目は天気がいいので屋根作業日和。 まず天井6面を全部アクリル板にするために板2面を外す。




板は雪に耐えれるように打ちつけてあったから外すだけでも大変。

屋根のしんきちさんと私、ロフトからかねさんの3人でなんとか外しました。




きれいな6角形




ここから作業を分担。 下ではかねさん、すーさんがアクリル板を切る。 上ではしんきちと私が屋根の作業。 中ではよろちゃんと古田さんが二つの作業を調整。 屋根ではサイズを計ったり、
アクリル板の下にルーフィングを潜りこませたりするため、
いろいろな工具を使います。 そこで重要なポジションが中作業ロフト担当の古田さん




屋根への工具の受け渡しをやってもらいました。

決して、ただ見てるだけではありません。 くつろいでるわけではありません。



古田さんがいないと屋根作業が捗りません。

重要なポジションです。 すーさんがアクリル板に苦闘してても上だけを見てくれてました。

感謝してます。

その古田さんから切り取ったアクリル板を受け取って、
屋根にはめると、????

トラブル発生!
その他にもいろいろとやっちゃったことが。 じっくり上を見ると気が付くと思います。 多少?失敗はありましたが、
順調にアクリル板を全面に張ったので気持ちよくなりました。
屋根作業の残りはコーキングしたり、
アルミテープで雨が漏れないように補強していきます。 アクリル板をハメ終えて時間を見ると午後3時半。 6時間作業し続けました。 ビジターのすーさんと古田さんにはちょっと辛かったかもしれません。
でもまた来て下さい。

遅い昼食は山口県の名物『瓦そば』



山口では馴染みがあるけど他の地域は全く知らない瓦そば。
大根おろしを忘れたのがちょっと後悔。

簡単で美味しいので、是非作ってみて下さい。 次回は6月23日と24日です。


author:くぼっち, category:-, 22:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:17
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kininaruhouse.jugem.jp/trackback/90